ゆきち

PCゲームの感想と攻略のようなものでできています。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPY

SPY//コウ(Vector
ジャンルRPG
対象一般全年齢
プレイ時間1日
制作ツールRPGツクール2000
公開日2005年
備考テックウィンコンテストパーク プラチナ賞受賞作品


東西の隣国と敵対関係になったジラルダン王国。
東側より攻め上るバルバドール国の軍は王都目前まで迫る一方、西側のヴァンデッタ国は国境地帯から動こうとしていなかった危機的状況の打開策としてジラルダン王国は動きのないヴァンデッタ国に諜報員(スパイ)を送り込む事を決定祖国の未来のため、一人の諜報員が派遣された……

(Vector「SPY」ソフト詳細ページより引用)


 ボリュームがすごい!
 なんといってもさすがコンパクプラチナ賞受賞作品といった感じで、多くの人に絶賛されるのも納得できるクオリティの高さに脱帽です。
 色々な要素が詰め込まれていて、初回プレイでは到底このSPYを遊びつくせなさそうですね。私も始めてから半分がすぎるまでは新鮮な感覚で過ごせていたものの、最後の方で時間が余ってしまいました。おそらくフラグ回収が全くできていなかったんですね。
 ただ全部読めるかよと思っていた図書館の本も読破したし、どこまで上げられるんだろうと思っていた能力パラメータも全て最高まで上げられたということで、最初のプレイでもある程度できそうな難易度でちょうどいい。
 


 ストーリーとしては、とにかく、主人公がかっこいい。
 偉い貴族に認められて仲良くなっていったり、敵国の大使館員に近づいたり隠れてスパイ仲間と喋ったり、護身のために剣術を学んだり。1日に動ける限界が決まっているものの自由度も高く、時間制限付きで偉い人の書斎を探りスパイ感を味わったり、ネタを集めて情報を集めて記事を仕上げる過程も面白い。
 一応エンディングは1回見たんですが、たぶん完璧に進めたらトゥルーエンド的なものが出てくるんじゃないでしょうか。まだモヤモヤが結構あるので、私が見たのはたぶんバッドエンドかノーマルエンドかな。攻略サイトに頼りながら2周目やってみたいなあ。トゥルーエンドを出したい。

 システムもすごく快調。個人的に人名や地名を覚えるのが苦手なのでこういった横文字の完全オリジナルな世界観って慣れないかも、と思っていたけど、オープニングで分かりやすく世界情勢を解説してくれたからその辺りはすぐに解消。
 他に、戦闘や記事のチュートリアルも、文字のみだけではなく動きで説明してくれて分かりやすかった。次にやらなくてはいけないことが表示されるのも嬉しいし、おまけのようなものかと思っていた記事の内容も意外にちゃんと書かれていていい。
 でも、戦闘がちょっと退屈だったな。初めはぬるぬる動くのが衝撃で、見ているのも楽しかったけど、だんだん戦闘なんだから自分でボタン操作したくなっていた。ジャンケン方式だとしても、もうちょっと動きが短かったら嬉しい。最後の方にはもう戦闘が嫌になっていて、それなのに戦闘をしなくてはいけない場面が増えてくるから苦痛だった。
 とりあえず、今度2周目やってみようと思う。
スポンサーサイト

Comments


« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

トオカ

Author:トオカ
フリーゲーム好き。
無理せずゆるくプレイしていきます。

時々フリーゲームの感想を書いています。
(攻略情報などのネタバレは、反転してご覧ください)


このブログはどの方面に関しても非公式であり、どの記事に関してもリンク・アンリンクフリーです。
制作者さんに不都合がありましたら、お手数ですが連絡をお願いします。

おすすめ!
冠を持つ神の手

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。