ゆきち

PCゲームの感想と攻略のようなものでできています。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Martin's Panic

Martin's Panic // LEDA

Martin's Panic(LEDA)

ジャンル乙女向けキャッスル・コメディ
対象乙女全年齢
プレイ時間5分~30分程
制作ツールYU-RIS
公開日2011年6月20日
容量59.7MB
プレイしたバージョンVer 1.00
備考サイトに攻略ヒントあり


第一回アルストロメリア杯ペア人気投票
<マーティン・超然とした主人公>第1位記念。
マーティンと主人公のおまけミニゲームです。
主人公をめぐってジョニーと決闘をすることになってしまったマーティン。

右下にマーティンの自信度が表示されます。
決闘前で緊張しきっているマーティンを励ましてあげましょう。
本ストーリーはPrincePanicをプレイされた方向けです。
PrincePanicDXに収録されているマーティンのエピソードのその後ですが、
DXをプレイしてなくても楽しめると思います。
(制作サイトより引用)


 お城に仕えるメイドのラブコメADV「Price Panic」の番外編。今作は3人の王子のうち三男マーティンがメインのお話です。
 本編未プレイでもプレイできる番外編も多くありますが、この「Martin's Panic」は本家プリパニの「マーティンエンドのその後」という位置づけなので、本編からプレイしないと分からないかも。
 というか、自分がプリパニ大好きで、王道乙女ゲーの中で1番好きな作品なので、未プレイで興味を持たれた方には是非是非本家「Prince Panic」の方からお薦めしたいです(^v^*)



 


 犬猿な仲の長男ジョニーと三男マーティンが主人公を巡って決闘をするというのが今回のお話ですが、〔特に三角関係の話ではなく、この決闘もジョニーがマーティンにかかる多額の経費を削減したいがための作戦。
 三角関係じゃなくて、少し安心しました(笑)。個人的に、マーティンルートでのジョニーはリリィのことを「信頼できる補佐」としか考えていないところが好きなんです。攻略対象が多いのに三角関係や片思いがないのがプリパニの明るくて素敵なところだと!


 個人的に、乙女ゲーのように選択肢で進むADVをプレイする時、初回プレイを除いてトゥルーエンドを出さないようにプレイする決まりを立てています(初回プレイは結果を気にせず、気の向くままに進めるのですが)。トゥルーエンドが最後だと気持ちよく終えられて好きなんです。
 その避けるべきトゥルーエンドは大体、エンドリストの1番上か1番下に来ているんですね。今作のようにパラメータや点数によってエンディングが決まる時は最高点がトゥルーエンドだったりするんです。
 ……なのに、最高点99点のエンディングが、美の神に愛されたマーティン様再降臨エンドなんて……!(爆笑)
 たしかにね! 調子に乗らせてしまってごめんなさいマーティン様美しいですわ!

 END7があったから乙女ゲーらしく終わりましたけど、それがなければどうなっていたか。いや、私本当に、神々に美しさを嫉妬されて風邪をひくマーティン様大好きなんです。LEDAさんのキャラ人気投票でマーティン様に投票差し上げるときには、毅然としたリリィさんではなく信者リリィとして投票しましたし(大量出没したマーティン信者リリィのノリがすごかった)。
 でも全選択肢のパラメータ上下の様子も書き出して、最高点を取れる選択肢を並べて、いざ取り組んだEND1がお前か……!wwwといった感じ(笑)。考えてみれば自信をあれだけつけたマーティン様がかつてのようにならないはずがないんですけどね。
 そんな危機を回避してくれたEND7がもう可愛いのなんの。END4の時点で可愛かったのですけれど、プリパニのマーティンエンドに通じる可愛さに、萌えと一緒に懐かしさがこみ上げてきてしまいました。でもまんまとジョニーの策略に嵌まってしまうEND5も好きです。馬鹿可愛い。


 END3は意外でした。コポンが普通に登場するたび、これはマーティンエンド後の設定なわけだからコポン様の矢は抜けないんだなあと切なくなっていた矢先だったので。
 END1でマーティン様信者なリリィが再来できることといい、コポンの矢といい、本編の他ルートへの可能性がマーティンエンド後にも残されていることが、いかにマーティンエンドが脆いかを物語っているように思えてしまいます。
 どうしてもマーティンが不憫な方向に考えてしまう(笑)。

 メインはマーティンで、三兄弟のジョニーとコポンは目立つとしても、タキに結構出番があったことに驚きでした。よく考えれば、主人公の上司だったから当然なんですけど。
 笑顔で「反省しています」とのたまうタキさんや、メイドの服に詳しいタキさんが大好き(笑)。
 コンプリート後の小話は彼とマーティンの前日談ですが、マーティンの自信をぽきぽき折っていく「ジョ」「ニー」攻撃が素敵。これがプロローグの主人公との会話に繋がると思うと、何大人気ないことをしてくれているのかと(笑)。更にその攻撃にマーティンが気付かせないというのも素敵ですタキさん。
 アニスもマサヤも名前だけですが出てくれて良かった! ばたばた走り回ってピザを売る姿や、慣れない褒め方をする姿が、もうそのエピソードだけでも嬉しいなあ。

 システムは、セーブロードの読み込みが遅いくらいで、他は快適でした。
 MENU→コンフィグから、色々な設定を自分好みに変えられるようです。既読文章を色付で表示できたり既読スキップを比較的細かく設定できたり、セーブロードの確認を項目ごとに表示するかしないか設定できるなんて、あまりお目にかかったことがないかもしれません。私がプレイしたプリパニにはBGM処理やバックログやスキップに不具合があり、正直システムには期待をしていなかったので(システムが悪くても他が素敵なのでいいかなあと)、何だか驚きでした。
 というのも、私がプレイしたプリパニはNscripter製で、今作はYU-RIS製とのこと。使用ツールが違っているのですね。Nscripterも個人的にプレイしやすくて好きなツールなんですが、リメイク後だからでしょう、今作の方がプレイしやすいです。ちなみにプリパニも今はYU-RIS版が配布されているのだそうです。ダウンロードし直さなきゃ。

攻略めも
 ・マーティンの自信パラメータによって6つのエンディングに分岐。
 ・自信が高い時、低い時で数箇所マーティンの言動・自信上下に変化あり。
 ・フラグを立ててエンディングに向かう感じではなく、最終的にパラメータがどの程度かによってエンディング分岐するので、セーブしつつパラメータを調節していけば大丈夫。
 ・END7は〔END1~6を全て出した後で、END4をもう一度やると出ます〕。
スポンサーサイト

Comments


« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

トオカ

Author:トオカ
フリーゲーム好き。
無理せずゆるくプレイしていきます。

時々フリーゲームの感想を書いています。
(攻略情報などのネタバレは、反転してご覧ください)


このブログはどの方面に関しても非公式であり、どの記事に関してもリンク・アンリンクフリーです。
制作者さんに不都合がありましたら、お手数ですが連絡をお願いします。

おすすめ!
冠を持つ神の手

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。